命を育む妊娠中の健康保持について

妊娠中は、身体の健康がいろんな面から損なわれてしまうが、多かれ少なかれ仕方のない部分が多い。

ENTRY
命を育む妊娠中の健康保持について
命を育む妊娠中の健康保持について

妊娠と健康の関係について

我が家では、昨年待望の第一子が誕生しました。長い間待ち望んでいた子供の誕生に家族全員で大変喜んでいます。現在は子育ての真っ最中で、とても充実した時間を過ごしています。しかし、ここまで来るのには大変苦労しました。なかなか妊娠することができなかったことももちろんですが、妊娠中の妻の苦労は言葉ではなかなか言い表すことができません。まずつわりから始まり、妊娠中期で妊娠中毒症になりかけました。妻は大変つらそうでしたが、何とか耐えてくれました。

つわりも妊娠中毒症も、多かれ少なかれ妊婦さんは必ず経験することだといわれています。かなり個人差があるので、一概には言えない部分もありますが、何とか工夫しながら我慢するしかないというのが正直なところのようです。きちんとメカニズムが解明されたわけではありませんが、母体にとっては最初は異物とみなされる胎児に対する拒絶反応だといわれています。しかし、あまりにもつらい状態となると無理やり我慢することなく迷わずかかりつけの産婦人科に相談に行くことをお勧めします。妊娠中毒症にかかってしまうと、最悪の場合、母子ともに健康に支障をきたしてしまう可能性があります。産婦人科では、一般的な妊娠中の対処方法を教えてくれますし、状態を見てくれのちに、個人に合わせた対処方法を丁寧に教えてくれます。妊娠中の苦労には必ずと言っていいほど個人差がありますので、知人に聞いた対処方法がそのまま利用することができるかと言えばそうではありません。専門医に相談することをお勧めします。

関連リンク

Copyright (C)2017命を育む妊娠中の健康保持について.All rights reserved.